FC2ブログ

エステティック&リラクゼーション フリッシェ グラン オーナーのつれづれ日記

JR芦屋徒歩2分の距離にあるエステサロン「フリッシェ グラン」のオーナーが、日々感じたことや美容への想い、ちょっとした肌のお手入れ法などをつづります。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

漢方クリニック

体調がすぐれない父について、「扇町漢方クリニック」に行ってきました。

年明けに大腸がんが分かり、すぐに抗がん剤治療が始まりました。
どこで聞いてきたのか父が「漢方を飲みたい」というので、
漢方薬を長く飲んでいるという知人に教えてもらいました。

遠くからも通っている方がたくさんいるという、とても有名なクリニックです。
通常なら初診は、なんと半年から1年待ちだとか。
何とか無理をお願いして、空いている時間に入れていただきました。

「漢方」と聞いて「くさくて」「古い」「狭い」病院を想像してましたが、
行ってみてびっくり。
とっても広くてきれいで、なごめる空間が広がっていました。

何より驚いたのは、問診・触診の丁寧さ。
約一時間かけて鍼灸師の方が現在の体調、生活、過去の生活を聞き取り
それを先生に報告。
その間に食生活の聞き取りと指導。
それが終わったら先生の丁寧な触診。
カーテンの中だったので見ることはできませんでしたが、
全身を手で触り、ツボを押し、舌を見、脈を触り・・・・と
数十分かかったように思います。
その後、先生から現在の状態とこれからの方針を
東洋医学のお話を交えながら、丁寧に話して頂きました。

癌というのは「ストレス」、流れの悪い血液や体液が溜まった「瘀血」
悪い「気」などが溜まって岩のように固まったものだそうです。
中国では昔、「岩」と書いていたとか。
生活習慣から起こることなので、それらを改善していこう・・・・
というのが中国医学の考えだそうです。

ここから先生が患者の体調に合わせた漢方を処方してくださいます。
処方した薬の説明は事務の方から伺いました。
どうしても保険のきかない薬を入れたいが、大丈夫かとも確認されました。

この間、薬3時間。

1時間待ちの5分診療・・・・と言われている西洋医学の病院とは大違いの
「病気」ではなく「患者」を診る医学に感動しました。



スポンサーサイト



【 2010/02/04 】 未分類 | TB(-) | CM(-)