FC2ブログ

エステティック&リラクゼーション フリッシェ グラン オーナーのつれづれ日記

JR芦屋徒歩2分の距離にあるエステサロン「フリッシェ グラン」のオーナーが、日々感じたことや美容への想い、ちょっとした肌のお手入れ法などをつづります。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

化粧品の成分

年末にいらしてくださったお客様、2度目のご来店です。
垂水の「レーブドゥシェフ」の焼き菓子をお土産にいただきました。
梅田の阪神百貨店にもありますよね!
一度、ケーキを買って食べたことがあります。
素材にもこだわった、体と心にやさしいスゥィーツです。
100111_134954.jpg
早速、頂きました。おいしかったです!
ありがとうございました。

夏木マリにそっくりな美人さんなんですよ!
その方から「最近、化粧品の原料がとても気になる」
とご相談を受けました。
「なるだけ天然のもの、添加物の入っていないものを使いたい」とのこと。

お気持ちはとても良く解ります。
化粧品の成分って、片仮名の長い名前が書いてあって、
少々知識のある私でも、ちょっとおどろおどろしいイメージを受けます。
まして、大切な肌につけるものだからなおさらですね。

でも、天然のもの、添加物が入っていないものにこだわりすぎるのも
どうかなぁ…と思っています。
天然のものが安全かというと、そんなことはありません。
むしろ、アレルギー反応を起こしやすいのは天然のもののほうが多いです。
また、化粧品を腐らせず、分離させずに数カ月安全に使えるものにするには、
さまざまな添加物が必要となってきます。
そうしないと化粧品が変性してしまい、肌に悪影響を起こすことにも。

今日のお客様にはそのようにご説明しました。
一応はご納得いただけたようですが、一度気になるとこだわってしまう気持ちもわかります。

なので、サロンで扱っている「エンビロン」について、ちょっと調べてみました。

代表的な「モイスチャージェル」に含まれている成分です。

●グリセリン:パーム油やヤシ油の油脂から取られる保湿剤。
肌を柔軟にし、しっとりさせます。薬局でも保湿剤として販売しています。

●ポリソルベート:ココナッツオイルに由来する非イオン性界面活性剤。
水に溶けにくい油性成分を乳化する。

●パルミチン酸レチノール:主要成分のビタミンA。肌のターンオーバーを促進し、
シミ・シワ・タルミなどの老化防止効果があります。

●カロチン:ビタミンAの前駆物質。肌内部に入るとビタミンAに変わります。
また、抗酸化作用も高く肌の酸化(さび)を防ぎます。

●ゼラチン:タンパク質の一種であるコラーゲンから抽出したもの。
化粧品には保湿効果を期待して配合されます。

●スクロール:スクロースとは、サトウダイコンやサトウキビを原料として製造される甘味料。
化粧品には、うるおいのある肌にする保湿のために用います。

●コーン油:トウモロコシの胚芽から得られたトウモロコシ油。クリームなどの油性成分、
伸びをよくするために化粧品に配合されます。

●コーンスターチ:トウモロコシの種子の胚乳から得られたデンプン。
感触の改良や肌への伸びを改良する目的で使用されます。

●アスコルビン酸:主要成分のビタミンCです。コラーゲンの生成を促進し内側から肌をふっくらさせたり、
シミを還元して薄くする効果も期待できます。

●酢酸トコフェロール:主要成分のビタミンEです。抗酸化作用も高く肌の酸化を防ぎます。
また、血行促進作用、新陳代謝の促進効果もあります。

●パンテノール:主要成分のビタミンB5.皮膚の細胞を活性化させる作用がある。
肌に対しては肌あれ、小シワ、シミなどの、加齢による肌の衰えを防ぐ製品に配合されています。

●(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー:水溶性高分子の鎖に
親油基をもつ界面活性剤です。水に溶けにくい油性成分を乳化します。

●アンモニア水:化粧品のpHをコントロールするために用いられます。

●EDTA-2Na:製品に悪影響を及ぼす金属イオンを不活性化させる成分。
製品の品質と安全性を保つのに重要な成分。ビタミンCの安定化や硬水軟化・酸化防止・殺菌作用があります。

今は化粧品は全成分表示が義務付けられているので、すべての成分を見ることができます。
この中で昔、いわゆる「表示指定成分」といわれるものは
EDTA-2Naと酢酸トコフェロール。
これらも古くから長く使われていますし、大きなトラブルは起こりえません。
ただ、ひとによってはアレルギー反応を起こす可能性があるので、注意が必要な成分といえます。

本当に化粧品の成分ってたくさん入っていますよね。
お客様が不安になるのが良く解ります。
ただ、日本の化粧品はかなり安全性の高いものになっています。
むやみに心配する必要はないと思います。

化粧品は効果も必要、使用感もいいものにしたい・・・
無添加や天然成分のみの化粧品は、効果、使用感、安全性について
どうかな・・・・とも思います。

今日は長~くなっちゃいました。
お読みいただいた方、ありがとうございます!

スポンサーサイト



【 2010/01/11 】 未分類 | TB(-) | CM(-)