FC2ブログ

エステティック&リラクゼーション フリッシェ グラン オーナーのつれづれ日記

JR芦屋徒歩2分の距離にあるエステサロン「フリッシェ グラン」のオーナーが、日々感じたことや美容への想い、ちょっとした肌のお手入れ法などをつづります。
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

季節柄、皆様もご注意を!毒毛にやられました。

毒毛にやられてしまいました・・・・・
4~5日前にポツンと1つ赤い発疹があり、
なんだろう・・・と思っていたら、3日前には少しづつ増え、
昨日は恐ろしくかゆく赤い発疹が左フェイスライン&首に。
IMG_2065 (1)

有毒毛をもつケムシに触れることによって生じる皮膚炎です。
確か昨年も同じくらいの時期、サンダルを履いた甲の部分をやられました。

調べると、ドクガの幼虫はツバキやサザンカ、桜などに生息し、
暖かくなり薄着の季節になると発生しやすいとの事。
春の終わりが要注意だそうです。
犬の散歩でここんとこ毎日公園に行っていたので、仕方なしです(涙)

ドクガ類(ドクガ、チャドクガなど)の幼虫には、毒針毛(どくしんもう)という長さ0・1mm程度の
微細な有毒毛(ゆうどくもう)が数十万本以上あり、成虫にも付いています。
これに触れるとかゆみの強い皮膚炎が生じます。
また、イラガ類(イラガ、ヒロヘリアオイラガなど)の幼虫には毒棘(どくきょく)という鋭いトゲがあり、
これに触れると激しい痛みを生じます。

ケムシに触れた覚えがなくても、いつの間にか衣服や皮膚に毒針毛が付いていることもあります。
イラガ類の毒棘に触れた場合には、その瞬間にピリッとした激痛が走り、発赤を生じます。
1〜2時間でいったん痛みはおさまりますが、そのあと、赤くはれてかゆくなることもあります。

蚊に刺されるよりもかゆみが強く、長く続くため
どうしても手がそこに行ってしまいますが、絶対に掻かないことが大切。
掻くことによって「ヒスタミン」というかゆみ物質が肌の中で増え、
よりかゆみが増してさらに掻いてしまうという悪循環に。
「掻かないことが一番の薬」だと思い、ぐっとこらえることが大切です。
う~~辛い・・・・・・

治療はステロイドの入った外用薬が効果的です。
治るまで1〜2週間かかるので、根気よく塗り続けてください。
市販にもステロイドの入った外用薬が売っていますので、
薬局で相談してみてください。
症状がひどい場合は皮膚科を受診すること。
ステロイドの内服薬も処方してくれるので、早く効き目が表れます。

直後であればその部分の皮膚にセロハンテープの貼りはがしを数回繰り返し、
そのあと、泡立てた石鹸で洗ってからシャワーで勢いよく流します。
これによって皮膚に付いた毒針毛の大半を除去することができます。

私は今日、仕事の合間に皮膚科に行きましたが、
残念なことに休診日・・・・
市販薬で対応しています。
メンソールとステロイドの入った強力虫さされ薬で、
少し楽になってきています。

皆様もお気を付けください。
スポンサーサイト
【 2018/06/06 】 未分類 | TB(-) | CM(-)