FC2ブログ

エステティック&リラクゼーション フリッシェ グラン オーナーのつれづれ日記

JR芦屋徒歩2分の距離にあるエステサロン「フリッシェ グラン」のオーナーが、日々感じたことや美容への想い、ちょっとした肌のお手入れ法などをつづります。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

春の気まぐれ肌、トラブル肌

4月になりました。
あっという間に冬から春の今年。
3月中に桜が満開に。
ちょっとびっくりの季節の移り変わりですね。

新しい年度が始まり、環境の変わる方も多くいらっしゃいます。
気温の急激な変化に環境の変化が重なり、
肌が不安定になりやすい季節です。

サロンでも、目や鼻の周り、首などにかぶれや赤みを伴って
ご来店される方も見受けられます。

春の肌が不安定になりやすい原因として
①温度差と空気の乾燥
②紫外線の急増
③環境の変化によるストレス
④花粉症などの外的刺激
が考えられます。

特に今年は「花粉症皮膚炎」と思われる方が増えています。
花粉やPMによって、肌がかゆみを伴って赤くなり、
酷い方は炎症を起こしてしまう事も。
特に涙や鼻水のでる目や鼻の周りに多く見られます。

かゆみが出るとつい手で触ってしまい、
余計に悪化させてしまう場合も。
悪化すると色素沈着を起こし、あとが残ってしまう場合もあります。

かゆみを抑えるためには、
①外からの刺激から肌を守るための「保湿バリア」を作ること
②決して触らないこと
が大切になってきます。

肌に刺激の少ない化粧品でしっかりと保湿。
肌に安全な日焼け止めは、花粉やPMから肌をガードする効果もあります。
紫外線の刺激から肌を守るためにも、日焼け止めはこの時期必須!

また、かゆい部分を掻くと一時的にかゆみは収まりますが、
直ぐにかゆみを起こす「ヒスタミン」という物質が大量に放出され、
より一層かゆみが起こるという負のスパイラルに。

症状のある方は「掻かないことが一番の薬」だと思って、
頑張って我慢するようにして下さい。

敏感肌の方には辛い時期ですが、
症状を長引かせないように十分ご注意ください。




スポンサーサイト
【 2018/04/02 】 未分類 | TB(-) | CM(-)