FC2ブログ

エステティック&リラクゼーション フリッシェ グラン オーナーのつれづれ日記

JR芦屋徒歩2分の距離にあるエステサロン「フリッシェ グラン」のオーナーが、日々感じたことや美容への想い、ちょっとした肌のお手入れ法などをつづります。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

暑い日が続きます

暑い日が続いていますが、皆様ご体調は大丈夫でしょうか?
6日間連続の猛暑日だとの事で、
「暑いですねぇ~」がご挨拶代りになっています(苦笑)

因みに、昨年は熱帯夜はあったものの、猛暑日はゼロだったそうで、
今年の暑さはホンマモンのようです。。。。。。

紫外線の強さも半端なく、容赦なくジリジリと肌を焦がしているのが分かります。
皆様、日焼け対策は万全ですか?

そこで、サロンでもお伝えしていますが、
日焼け対策のおさらいをします!

①日焼け止め
日焼け止めは、洗顔後にスキンケアと一緒にして下さい。
家の中でもガラスを通して紫外線は入ってきます!
ガラスを通して入ってくる紫外線はA波で、
肌の内部に入ってコラーゲンやエラスチン繊維を断絶します。
深いシワやタルミの原因となる紫外線です。
また、ちょっと洗濯物を干すだけ・・・・でも紫外線は浴びてしまいます。
「起きたらすぐに日焼け止め」を忘れずにお願いします。

日焼け止めは日常紫外線なら、SPF20程度で大丈夫です。
それ以上高いものは、肌に刺激を与えるのみでそれほど効果は変わりません。
それでも気になるなら、数時間おきに塗り替えるなどをお勧めします。

②サングラス
外出するときは、必ずサングラスをお願いします。
紫外線から眼を守るだけではなく、メラニンの増殖を防ぐ効果もあります。
人間の体は良くできていて、目から紫外線が入ると、肌を守るためにメラニンが出てきます。
もちろん紫外線から肌内部を守る働きはありますが、
出すぎるとシミになってしまいます。

③帽子や日傘、手袋など
紫外線は直接頭上から降り注いでいるだけではなく、
地面や壁などに当たって、反射して肌に降り注ぎます。
なので、日傘をしているから大丈夫・・・・ではないのです。
長時間屋外にいる時には、日傘をさしていても手袋や帽子をお勧めします。

④体の中から
いかに日焼け止めを塗っても、日焼け対策をしても
紫外線は隙間から入ってきます。
万全の対策をとっても日焼けしている・・・と言う経験は
皆さんお持ちだと思います。
そこで、是非とも体の中からの対策も取ってください。

必要なのは抗酸化物質
紫外線に当たると活性酸素が増え、肌の老化が進みます。
活性酸素を抑制する抗酸化物質、ビタミンC、ビタミンE、βカロチンなどを
意識的に摂るようにして下さい。
ビタミンCは紫外線で壊れたコラーゲンの生成も促進してくれます。
この時期だとトマトやゴーヤ、ブロッコリーなどがお勧め。
また、アーモンドやナッツ類にはビタミンEが豊富に含まれます。
チョコレートにも抗酸化作用の高いポリフェノールが含まれています。
甘味の少ないブラックやカロリーオフのチョコがお勧めです。

スポンサーサイト
【 2015/08/06 】 未分類 | TB(-) | CM(-)