FC2ブログ

エステティック&リラクゼーション フリッシェ グラン オーナーのつれづれ日記

JR芦屋徒歩2分の距離にあるエステサロン「フリッシェ グラン」のオーナーが、日々感じたことや美容への想い、ちょっとした肌のお手入れ法などをつづります。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

メイクレッスン

日曜日に通っている加圧教室「幸恵塾」主宰の、
「メイクレッスン」を受けてきました。

CIDESCO試験でメイクも含まれているため、
一応、学校に通っている時にメイクも習いました。
でもそれも10年以上前。。。。。。
試験終了後は、全く練習する事もなく、
自分自身もパパッと行う10分メイク。
ちょっとお出かけ…の時には、思うような顔に仕上がらず
いつもと同じ簡単メイクで出かける事が多くなっていました。

これではいけないと思っていたところだったので、
丁度良い機会だと思い、申し込みました。

ボビーブラウンでの接客を経て、プロのメイクアップアーチストとして
活躍し、今は専門学校の講師もされているというイケメンのお二人が先生。
ちょっと、それも楽しみで(笑)
2011082814170000.jpg


生徒11人に先生お二人と、かなり贅沢なレッスンでしたが、
メイクとは奥が深い・・・
十分な学びは難しいですが、明日から利用できる事もいくつか教わってきました。

まず、ファンデーションを塗る前の下地(色の補正)が大切。
私は目の周り、小鼻の横にくすみがあるので、オレンジ+クリーム色の下地で
色を補正。その上にファンデーションを塗ると、厚くなり過ぎない透明感のある肌に。

眉は眉尻をいかに細く仕上げるかが勝負。細いペンシルとパウダー使いが有効。
左右を合わせることにこだわると、余計に変な眉になるとも。
太さ、角度、長さを慎重に合わせると、左右少しくらい違っても
そんなに気にならないとか。(確かに・・・・)

グロスをリップラインから1ミリはみ出しで塗ると、
ぽってりした今時の愛らしい唇になる。

他にも色々と教えて頂きましたが、すぐに取り入れたいなぁと思ったのが
以上のような内容です。

それにしてもプロは丁寧。
下地からファンデーション、アイライン、眉など、
何をするのも丁寧でソフト。
ちゃちゃっと仕上げてきれいになろうと思うのが間違いですね(苦笑)
その気持ちが最も大切なのかも。







スポンサーサイト



【 2011/08/30 】 未分類 | TB(-) | CM(-)