FC2ブログ

エステティック&リラクゼーション フリッシェ グラン オーナーのつれづれ日記

JR芦屋徒歩2分の距離にあるエステサロン「フリッシェ グラン」のオーナーが、日々感じたことや美容への想い、ちょっとした肌のお手入れ法などをつづります。
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

喉がつかえた感じ。ヒステリー球って?

3年ほど前から喉がつかえた感じがあり、気になっていました。
あまりにもひどく、ある時水を飲んで喉に通らなかったことがあり、
「食道がん?胃がん?」なんて心配して、胃カメラを飲んだことがありました。

その時は「異常なし…」で済み、気分的なものか少し症状は和らぎましたが、
気がつくと喉が詰まった感じが常にある状態に・・・・

おそらくストレスからくる自律神経の問題かも。。。
なんて思って、自分なりに割り切っていました。

こんな症状はわたしだけ?と思っていましたが、
先日いらしたお客様が同じようなことをおっしゃっていました。
私よりも一つ年上の、仕事を持つ母という、同じような境遇のお客様です。

ちょっと気になって調べてみました。

「喉のつまり感」 
「喉の圧迫感」 
「咽喉異物感」 
「喉が腫れぼったい」
「喉に玉のような物があるような気がする」
「首を絞められている感じ」

これらは西洋医学では「咽頭神経症」「咽喉頭異常感症」「ヒステリー球」というそうです。
自律神経失調症、うつ病、ノイローゼ、更年期障害など自律神経の乱れから起こるとのこと。
遠く昔から女性によくある症状とかで、ヒポクラテスの本にも明記されています。

また東洋医学ではこの病気を「気病」といっています。
「喜」「怒」「悲」「思」「憂」「恐」「驚」の七気が結ばれて、
水と共に塊となってのどのあたりに詰まって、発散できないでいる状態。
こちらも2000年前から、この症状について書かれているそうです。

もちろん何かの病気が隠れていることもあるので、
しっかりと検査することは大切ですが、
昔から女性によくある・・・・と聞くと
なぁんだぁ・・・・私だけじゃないんだ…・
と、ちょっと安心したら症状も治まってきたように思います(単純!)
スポンサーサイト
【 2010/01/28 】 未分類 | TB(-) | CM(-)