FC2ブログ

エステティック&リラクゼーション フリッシェ グラン オーナーのつれづれ日記

JR芦屋徒歩2分の距離にあるエステサロン「フリッシェ グラン」のオーナーが、日々感じたことや美容への想い、ちょっとした肌のお手入れ法などをつづります。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012
月別アーカイブ  【 2009年11月 】 

頭のマッサージ

今日いらしてくださったお客様が、頭のマッサージが気持よかったと言って下さいました。

頭なんて疲れているのかしら…・と思われる方もいらっしゃいますが、
肌の老化予防にも、そして肩こりにも、頭のマッサージは深いかかわりがあります。

私たちはストレスがかかると無意識に、ぐっと歯を食いしばってしまいます。
朝起きたときに、顎や頬がだるいと感じる方もいらっしゃるでしょう。
側頭筋(頭の側面の筋肉)は咬筋と共に咀嚼筋と呼ばれ、咬むときに必要な筋肉です。

人は通常ものを咬むとき、頭を前の方に倒す動きをすることで口を閉じようとしています。
しかし、反射的に僧帽筋(後頭部の付け根から背中にかけての大きい筋肉)が収縮し、
頭が前に倒れること無しに咀嚼をしているのです。
この時、物を咬む力の約3倍の力が、後頚部(僧帽筋)にかかってきます
ストレスが強く歯を食いしばるような癖がある方は、
僧帽筋に疲労がたまり、肩こりを強く感じてしまうのです。

そこで、咀嚼筋である側頭筋をほぐしゆるめることで、
歯のくいしばりによる緊張をとき、僧帽筋の疲労を取り除くことができるのです。

また、筋肉は骨に付着していますが、全体が付着しているのではなく、
起始、停止という2点で筋肉に付着しています。
この起始、停止をほぐしていくことで、より効果的に筋肉全体の緊張を解くことができるます。

頭のマッサージは直接肩こりに係る僧帽筋のに触ることなく、
ストレスからくる緊張を解くことができる、効果的な肩こりマッサージとも言えまするのです。
スポンサーサイト
【 2009/11/29 】 未分類 | TB(-) | CM(-)